ほんとうに泣けるバイヤーの話
調達・購買の上司と部下(坂口孝則)
調達担当者はなぜ、コスト削減をするのでしょうか。もちろん、会社から定められた目標があるからです。ただ、なんのための目標なのでしょうか。それは、組織のため、安価な製品を市場に提供するためです。では、なぜ組織のため、製品のために行動する必要があるのでしょうか。それは、自分が働くうえでその組織の理念に共鳴したからです。

いま、なぜそこで働いているのか。この根源的な理由を失念しないほうがいいと思うのです。

でもね、そう建前ばかり信じることはできませんよね。「泥臭い仕事ばかりだ」「社内の地位が低い」「上司が目標ばかり求める」「ときには人格も否定されてしまう」など、現実はうまくゆかないことばかりだからです。

最近は、多くの人がウツ状態になってしまうといいます。しかも、それは人間関係に起因するものです。上司が誰かを叱るとき、その相手が「か弱くなった」ことはありえます。ただ、上司の多くは、部下の成長を祈っていることがほとんどです。ただ、言い方が強いばかりに、部下は必要以上に強く受け止めてしまうのですね。それが「ときには人格も否定されてしまう」という感想につながっていきます。

くだらないと思うかもしれませんが、先日、ある方からお聞きした話を書きます。

その上司と部下は、調達部門で長く仕事を続けてきた二人でした。その上司が、ご定年で会社を辞することになったときのことです。その上司はそれまで部下にあたり散らしては、嫌われていた人だったようです。ある部下(この話の登場人物です)は、上司の定年にあわせて、不平不満をつらねた手紙を送ってやろう、と画策しました。これまで苦しめやがって、馬鹿野郎、というわけですね。

しかし、部下はその手紙を書いているうちに、どうも不平不満を書けなくなった。去り際にそんなこと書いてどうするんだ、という想いもよぎったのでしょうか。手紙を書けずに、上司の退社日を迎えてしまいました。

すると、逆に、上司が部下の一人ひとりに手紙を渡してくれたそうです。強がる人だったためか、「手紙はあとで読め」と部下に指示したそうです。

上司が去って、その部下は自宅で手紙を開けました。その部下は読んで泣いてしまったそうです。自分が不平不満を書こうとしてしまった反省もあったかもしれません。そこには、こう書かれていたようです(伝聞なので原文ではありません)。

・これまで厳しく指導してきて悪かった
・自分は昔、もっと強い指導を受けてきた。
・そのとき、「こんな上司にはならないぞ」と願ってきたが、自分がそうなってしまった。
・ときには感情に任せたときもあった。申しわけなかった。
・ただ、真剣に君たちを育てようとしたことだけは信じてほしい。
・苦労に苦労を重ねた人と、気楽に仕事を続ける人とでは、人間の質が異なってくる。
・厳しく育てられ自ら生きて行ける人、そして甘やかされて育てられ一人で生きてゆけない人。
 その教育のどちらが、ほんとうの「やさしさ」だろうか。
・今後も、君たちにうわべの優しさをふりまこうとする人たちがいるだろう。
 君たちには、ほんとうの「やさしさ」と「まじめさ」を見抜く力をつけてほしい。
・君たちの成功を心から祈っている。

経験とは、加齢とともに増え、それだけは若輩者がどうやっても追いつけないものです。

いまこそ年長者の熱のはいった本気の説教を聞きたい、と思うのは私だけでしょうか。

感動する組織づくりは、年長者のちょっとした勇気からはじまるのかもしれません。

新着情報RSS

2013年04月15日
NEW!「サプライヤ評価表」(エクセルファイル)が発売になりました!
何よりも必要なのは、サプライヤを公平・公正に評価すること!
バイヤーとしてあたりまえのことをあたりまえに出来ず、困っていませんか。

既に持っているけど自分のものと比較してみたい方、エクセルファイルとし
てもっていなかった方、すぐに使えるのでオススメです。

このエクセルファイルは

1.サプライヤ評価表
2.サプライヤ納入品質評価表
3.サプライヤ各種経営評価表

の三つのシートになっています。
ファイル形式:エクセル(xls/xlxs)
2013年04月12日
NEW! 坂口孝則の電子書籍が発売になりました!
著者本人が当時の自分に嫉妬してしまうほど熱い文章で、あなたに伝えるメッセージ。

「過激な調達はいつも正しい1 ~調達・購買担当者を変えるささやかではない方法~」は、坂口孝則の人気メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」より、2007年の1月から2007年8月までのものを、加筆修正致しました。

いまは、ここでしか手に入りません。

「過激な調達はいつも正しい1 ~調達・購買担当者を変えるささやかではない方法~」
2012年06月05日
購買ネットワーク会が主催する「購買・調達講座 私塾」のなかの人気講座の資料が音声解説と共に発売
購買ネットワーク会が主催する「購買・調達講座 私塾」のなかの人気講座の資料が音声解説と共に発売。バイヤーに必要な12個のスキルを実践的なケーススタディーとともに解説する12回連続講座の初回。

関連部署とコラボレートして結果を出す。購買・調達部署のプレゼンスをあげて会社に貢献する。このような幻想を捨てさせる第一回目。会社が購買部門に求めることは企業戦略によって異なる。その企業戦略に合わせて購買プロセス、ルール、役割、バイヤー教育を作らなければいけない。

本講義は「どんな優秀なバイヤーもソーシング活動が求められていない会社にいくと凡人化してしまう」ことを問う講義。バイヤースキルを発揮する前の土台とも言うべき購買・調達部のポジションつくりの内容となっている。

受講された方は復習用に、受講の機会が無かった方はスキルアップの教材として是非ともお試しください。
2012年03月09日
坂口孝則講演「モチベーションゼロの仕事術」発売!
書籍「モチベーションで仕事はできない」の著者である坂口孝則が、モチベーションとやる気によらない仕事術を公開!

――本で書けなかったこと、モチベーションによらない仕事のほんとうのメリットとは

「モチベーションで仕事はできない」の連動講演を音源化。
2012年02月25日
坂口孝則講演「なぜあの商品が売れるのか」~お客様に考えさせない販売戦略
某IT企業の新春セミナーで、22人の講師のうち参加者アンケートで満足度1位となった伝説の講演を音源化
2012年01月29日
「決定版! 新人バイヤーが最初にやるべき10のポイント」発売開始!
「決定版! 新人バイヤーが最初にやるべき10のポイント」発売開始!
2012年01月28日
「ほんとうの調達・購買・資材理論」クレジットカード決済可能に
「ほんとうの調達・購買・資材理論」がPaypalではなく、クレジットカードでご購読可能になりました!
2011年01月28日
サイトオープンいたしました!
「未来調達研究所」サイトをオープンしました。

フリーコンテンツ一覧

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力