ほんとうに泣けるバイヤーの話
ほんとうのコスト分析のやりかた(坂口孝則)
「サプライヤーの価格を予想できたら」

これはいつだってバイヤーのテーマであり続けた。サプライヤーからもらった見積りを確認するだけではつまらない。相見積りだけではなく、「この製品だったらいくらくらいだ」と精度良く言えること。サプライヤーから提示される見積り「100円」の妥当性を検証する、あるいは見積りを入手する前に把握しておく。これが重要なのはいうまでもない。

では、どうしたらサプライヤーの価格を予想(あるいは妥当性を把握)できるだろうか。ここで二つのアプローチが生まれた。

1.「コストドライバー分析」:調達実績データを利用。見積価格に影響を与える要素(コストドライバー)を抽出し、それと価格の関係を見る。要素と価格がどのように関係しているか、近似線をひく。それによって調達品の価格の妥当性を見る。

2.「コスト構造分析」:製品を、一つひとつの要素に分解していって、各要素の絶対値を積算していく方法。たとえば、製品を「材料」「加工」「その他経費」「利益」と分解し、それぞれの要素を計算し、「この製品がいくらであるべきか」を明らかにしていく。

この二つだ。そこで、今回はまず1.「コストドライバー分析」から説明していきたい。もしかすると、多くの企業では、「コストテーブル」という名前のもとで、「コストドライバー分析」=「コストを決定する要素と価格の関係を近似線で表現すること」をやっているかもしれない。本来、「コストテーブル」と呼ばれるべきものは「コストドライバー分析」で作成する近似線とは関係がない(しかし、多くの企業は「コストドライバー分析」の近似線のことを「コストテーブル」と呼んでいる)。このことは別途説明しよう。

今回の連載では、牧野先生も「コストテーブル」をテーマとした記事になっている。アプローチが違い、かつ「コストドライバー分析」における変動要素の数も異なるものなので、二つあわせてお読みいただけると幸いだ。

さて、「コストドライバー分析」だが、このような順番で説明したい。



<クリックいただくと図を拡大できます>

おそらく、最初の「コストドライバー線を引く」くらいはできる方もいらっしゃるだろう。でも、徐々に難しくなっていく。ここから3回を連続してお読みいただければと思う。

では、説明しよう。例としてあげたのはこのような場合だ。



<クリックいただくと図を拡大できます>

何かの部品を単純に組み立てるだけのものだ。この場合は価格はかなり組立部品点数に比例的だろう。組み立てる部品点数が1よりも、5のほうが当然ながら見積り価格も高くなっていく。



<クリックいただくと図を拡大できます>

あえて説明するまでもないと思うけれど、エクセルの図表中から「近似曲線の追加」をすぐに選択することができる。

 



<クリックいただくと図を拡大できます>

この場合はエクセルからコストドライバー線を引くのはたやすい。あっさりと、「見積価格=組立部品数×6+22」という式を導くことができた。

問題となるのはここからだ。



<クリックいただくと図を拡大できます>

このような場合はどうだろうか。コストドライバー要素が二つの場合だ。なんらかの材料に加工を施すとしている。これは3Dグラフを描けば視覚的にとらえることもできるだろうけれど、エクセルの通常機能では難しい。さきほどのコストドライバー要素が一つのときは、散布図から右クリックでよかったけれど、このようにコストドライバー要素が二つ以上の場合はどうすればよいだろうか。

この解決には、「回帰分析」という機能を使えば良い。



<クリックいただくと図を拡大できます>

「データ」から「データ分析」、そして「回帰分析」という機能があるから、それを使ってほしい。すると、このような結果を導くことができる。

 



<クリックいただくと図を拡大できます>

ここで、「切片」「X値1」「X値2」というところに注目してほしい。これこそが、回帰分析を使ってコストドライバー分析をする際のキーとなる数字だ。



<クリックいただくと図を拡大できます>

というのも、この数字こそコストドライバー分析の係数となるからだ。ここでいう「X値1」というのが「材料wt」のこと、「X値2」というのが「組立部品数」になる。だから、求められた係数をかけあわせて、かつ切片(固定コスト)を足せば、「見積価格=材料wt ×0.637655+組立部品数×0.678508+8.738899」というコストドライバー線を引くことができる。

この手法によって、どの数のコストドライバー要素があったとしても、エクセルを使ってコストドライバー線を引くことができた。これで調達品の価格を予想することもできるし、妥当性を確認することもできる。

では、次に必要なのは、このコストドライバー線がどれだけ正しいかってことだ。サプライヤーにたいして自信満々に交渉するためには、コストドライバー線の精度が高くなければならない。「正しさ」が必要になってくるのだ。では、どうやってこのコストドライバー線を検証していくか。

これは次回以降つづく。

新着情報RSS

2013年04月15日
NEW!「サプライヤ評価表」(エクセルファイル)が発売になりました!
何よりも必要なのは、サプライヤを公平・公正に評価すること!
バイヤーとしてあたりまえのことをあたりまえに出来ず、困っていませんか。

既に持っているけど自分のものと比較してみたい方、エクセルファイルとし
てもっていなかった方、すぐに使えるのでオススメです。

このエクセルファイルは

1.サプライヤ評価表
2.サプライヤ納入品質評価表
3.サプライヤ各種経営評価表

の三つのシートになっています。
ファイル形式:エクセル(xls/xlxs)
2013年04月12日
NEW! 坂口孝則の電子書籍が発売になりました!
著者本人が当時の自分に嫉妬してしまうほど熱い文章で、あなたに伝えるメッセージ。

「過激な調達はいつも正しい1 ~調達・購買担当者を変えるささやかではない方法~」は、坂口孝則の人気メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」より、2007年の1月から2007年8月までのものを、加筆修正致しました。

いまは、ここでしか手に入りません。

「過激な調達はいつも正しい1 ~調達・購買担当者を変えるささやかではない方法~」
2012年06月05日
購買ネットワーク会が主催する「購買・調達講座 私塾」のなかの人気講座の資料が音声解説と共に発売
購買ネットワーク会が主催する「購買・調達講座 私塾」のなかの人気講座の資料が音声解説と共に発売。バイヤーに必要な12個のスキルを実践的なケーススタディーとともに解説する12回連続講座の初回。

関連部署とコラボレートして結果を出す。購買・調達部署のプレゼンスをあげて会社に貢献する。このような幻想を捨てさせる第一回目。会社が購買部門に求めることは企業戦略によって異なる。その企業戦略に合わせて購買プロセス、ルール、役割、バイヤー教育を作らなければいけない。

本講義は「どんな優秀なバイヤーもソーシング活動が求められていない会社にいくと凡人化してしまう」ことを問う講義。バイヤースキルを発揮する前の土台とも言うべき購買・調達部のポジションつくりの内容となっている。

受講された方は復習用に、受講の機会が無かった方はスキルアップの教材として是非ともお試しください。
2012年03月09日
坂口孝則講演「モチベーションゼロの仕事術」発売!
書籍「モチベーションで仕事はできない」の著者である坂口孝則が、モチベーションとやる気によらない仕事術を公開!

――本で書けなかったこと、モチベーションによらない仕事のほんとうのメリットとは

「モチベーションで仕事はできない」の連動講演を音源化。
2012年02月25日
坂口孝則講演「なぜあの商品が売れるのか」~お客様に考えさせない販売戦略
某IT企業の新春セミナーで、22人の講師のうち参加者アンケートで満足度1位となった伝説の講演を音源化
2012年01月29日
「決定版! 新人バイヤーが最初にやるべき10のポイント」発売開始!
「決定版! 新人バイヤーが最初にやるべき10のポイント」発売開始!
2012年01月28日
「ほんとうの調達・購買・資材理論」クレジットカード決済可能に
「ほんとうの調達・購買・資材理論」がPaypalではなく、クレジットカードでご購読可能になりました!
2011年01月28日
サイトオープンいたしました!
「未来調達研究所」サイトをオープンしました。

フリーコンテンツ一覧

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力