商品コード: t052

「ほんとうの調達・購買・資材理論」 052号

販売価格(税込): 540
52号(2011年9月7日号)

・ほんとうの調達・購買・資材理論(坂口孝則)
・ほんとうの調達・購買・資材理論(牧野直哉)
・仕事と矜持(坂口孝則)
・バイヤーのための英語術(牧野直哉)

■■ほんとうの調達・購買・資材理論(坂口孝則)■■

・ほんとうの中小企業の切り方の話をしよう

今回は、えらく血生臭いテーマを取り上げてみたい。「中小企業の切り方」だ。正しい、そして、ほんとうの「中小企業の切り方」などあるのだろうか。

時代背景としては、いくつかあげることができるだろう。まず、バイヤー企業の発注量の総額が減じていることだ。新聞報道を取り上げるまでもなく、各社の生産シフトが加速している。これまで日本で生産していたものも、これからは海外で生産するというわけだ。そうなると、日本から調達した部材を海外に送るよりも、海外のサプライヤーから調達する選択肢が出てくる。これは当然の帰結だ。

また、その流れと軌を一にし、サプライヤーマネジメントの強化が謳われだした。これまで野放図にサプライヤー数を拡大していったところ、たくさんのサプライヤーを「食わせ続ける」ことができない状況になった。これからは、優れたサプライヤーに優先的に仕事を与え、QCD(品質・コスト・デリバリー)各方面の競争力を向上させていく。これも考えてみれば当然の帰結だろう。

さて、メディアでは、大手メーカーがサプライヤー数を3000社から1000社に絞っただの、絞るだのと報じられている。そのなかの多くは失敗しているが、今回はそれがテーマではない。私の関心は「サプライヤーを絞るっていっても、中小企業をそんなに簡単に切ることができるのかい?」という点にある。

(続きはバックナンバーをお買い上げください)

■■ほんとうの調達・購買・資材理論(牧野直哉)■■

物流の話をしよう 2

早速ですが「物流」とはなんでしょう。毎度のことですが「物流」について定義付けをおこないます。

物流とは、文字通り「物の流れ」です。大辞泉では「生産者から消費者に至るまでの商品の流れ」とあります。この定義には皆さんも異論がないですね。表に出ていない部分が多いですが、我々の生活はこのあらゆる「物流」に支えられています。そして、この物流をコストミニマイズという観点で見るとき、一番重要なことは「運ばない・動かさない」ことです。たとえば、ある生産工程においてもIE(インダストリアルエンジニアリング)による効率化で、物を手にとる動きを最低限にする工程レイアウトを考えます。これも広義の物流改善といえます。今回のお話での「物流」とは、サプライヤーから自社へ購買した物を届けてもらうことだけではありません。バイヤーとして目にするありとあらゆる「運び」を対象にします。

しかし「全て」では、つかみ所がないですね。なので、2つの切り口から物流の世界へアプローチしたいと思います。

1. 機能別分類

物流の4つの「機能」に分類します。

(続きはバックナンバーをお買い上げください)
  • 数量:

新着情報RSS

2013年04月15日
NEW!「サプライヤ評価表」(エクセルファイル)が発売になりました!
何よりも必要なのは、サプライヤを公平・公正に評価すること!
バイヤーとしてあたりまえのことをあたりまえに出来ず、困っていませんか。

既に持っているけど自分のものと比較してみたい方、エクセルファイルとし
てもっていなかった方、すぐに使えるのでオススメです。

このエクセルファイルは

1.サプライヤ評価表
2.サプライヤ納入品質評価表
3.サプライヤ各種経営評価表

の三つのシートになっています。
ファイル形式:エクセル(xls/xlxs)
2013年04月12日
NEW! 坂口孝則の電子書籍が発売になりました!
著者本人が当時の自分に嫉妬してしまうほど熱い文章で、あなたに伝えるメッセージ。

「過激な調達はいつも正しい1 ~調達・購買担当者を変えるささやかではない方法~」は、坂口孝則の人気メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」より、2007年の1月から2007年8月までのものを、加筆修正致しました。

いまは、ここでしか手に入りません。

「過激な調達はいつも正しい1 ~調達・購買担当者を変えるささやかではない方法~」
2012年06月05日
購買ネットワーク会が主催する「購買・調達講座 私塾」のなかの人気講座の資料が音声解説と共に発売
購買ネットワーク会が主催する「購買・調達講座 私塾」のなかの人気講座の資料が音声解説と共に発売。バイヤーに必要な12個のスキルを実践的なケーススタディーとともに解説する12回連続講座の初回。

関連部署とコラボレートして結果を出す。購買・調達部署のプレゼンスをあげて会社に貢献する。このような幻想を捨てさせる第一回目。会社が購買部門に求めることは企業戦略によって異なる。その企業戦略に合わせて購買プロセス、ルール、役割、バイヤー教育を作らなければいけない。

本講義は「どんな優秀なバイヤーもソーシング活動が求められていない会社にいくと凡人化してしまう」ことを問う講義。バイヤースキルを発揮する前の土台とも言うべき購買・調達部のポジションつくりの内容となっている。

受講された方は復習用に、受講の機会が無かった方はスキルアップの教材として是非ともお試しください。
2012年03月09日
坂口孝則講演「モチベーションゼロの仕事術」発売!
書籍「モチベーションで仕事はできない」の著者である坂口孝則が、モチベーションとやる気によらない仕事術を公開!

――本で書けなかったこと、モチベーションによらない仕事のほんとうのメリットとは

「モチベーションで仕事はできない」の連動講演を音源化。
2012年02月25日
坂口孝則講演「なぜあの商品が売れるのか」~お客様に考えさせない販売戦略
某IT企業の新春セミナーで、22人の講師のうち参加者アンケートで満足度1位となった伝説の講演を音源化
2012年01月29日
「決定版! 新人バイヤーが最初にやるべき10のポイント」発売開始!
「決定版! 新人バイヤーが最初にやるべき10のポイント」発売開始!
2012年01月28日
「ほんとうの調達・購買・資材理論」クレジットカード決済可能に
「ほんとうの調達・購買・資材理論」がPaypalではなく、クレジットカードでご購読可能になりました!
2011年01月28日
サイトオープンいたしました!
「未来調達研究所」サイトをオープンしました。

フリーコンテンツ一覧

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力